女の人

お母さんの健康を保つために|血糖値を下げるお茶も有効

量を小さく摂取できる

粉末

毎日欠かさず350グラムの野菜を食べるのはたいへんです。そこで緑黄色野菜の搾り汁である青汁を摂取する方が増えています。栄養価の高いケールや明日葉、大麦若葉、桑の葉などの単品の搾り汁の青汁は人気があります。

Read More

美容サプリについて

手

サプリの中には、乾燥肌を改善、といったように美容効果があるものもあります。では、そんな美容サプリは、どのくらいの価格で販売されているのでしょう。気になる人へ、価格や美容サプリの歴史について紹介します。

Read More

病気に負けない身体作り

緑の錠剤

数々の病原体から体の健康を守るためには、免疫力の向上が欠かせない要素となります。最近ではきのこ類や海藻類に免疫力の向上が確認されていますが、これらの食品にはがん予防などの効果も期待できます。健康な体を維持するために定期的に摂り入れましょう。

Read More

母乳を作る

お茶

食事や飲み物に気をつけてみましょう

赤ちゃんを育てているお母さんは、母乳不足に陥ることがあります。初めての育児の場合はわからない事だらけでストレスもかかりますし、赤ちゃんのお世話に一生懸命なあまり肝心な母体のケアがおざなりになっている場合も多々あります。お乳は母体の血液から作られる物ですので、まずはお母さんが栄養のある食事を摂るように心がけてみましょう。糖分や脂っこいものはなるべく避け、煮物等でお野菜をたくさん摂るといい母乳が出ます。血糖値を下げるお茶も健康を保つために良いでしょう。たんぽぽ茶やハーブティーも身体を温めリラックスさせてくれますので、試してみるといいでしょう。まずは母体の健康がまず第一です。

ストレスを溜め込まない

子育ては我慢と忍耐の連続です。かわいい我が子ですが最初の三ヶ月程は母体にも余裕は無く、しかしゆっくり休む時間もなく、知らず知らずストレスが溜まっていくものです。ストレスから母乳不足になる事もあります。母乳が出ないなと感じたら、偶にはミルクに頼るのも一つの方法です。おいしい母乳の為に油の物や甘い物を我慢してるならば、偶にはチョコレートの一つくらい口に含むのもいいでしょう。赤ちゃんが寝ている間に家事を頑張ろうと無理ばかりせず、赤ちゃんが寝ている時には自分も一緒に寝てみましょう。我が子に母乳を届けたいという母の思いがストレスとなり、結果母乳不足を引き起こしていえる例もありますので、あまり気負わず、手抜き出来る所は手抜きをしてみましょう。ストレスを解消するために血糖値を下げるお茶を飲むことも良いでしょう。母体が健やかに過ごせる事が、赤ちゃんの健康にも繋がります。